FC2ブログ

うみねこEP3をクリアした感想

2008年08月18日 15:03

なんでこんな神ゲーなの?
▼自分が想像していた部分
五分五分だった
昨日のブログで書いた部分の一つ目なんだけど
やっぱり世界の構造っていうのは自分の想像していた部分を掠めてた
ただ、まだちょっと自分が考えてる部分と異なっているっていうのと
現段階では作中でもまだ抽象的だったのということもあって
まだまだ考えることはありそう

ベアトリーチェ善人説は後で

▼新キャラ
・ロノウェ
なんというほm
じゃなくて、うん、まぁ いいキャラだと思うよ
最初はベアトの出した強敵かなぁとか思ってたんだけど
戦人と一緒になって談笑してたりするシーンはわりと和んだ

・ワルギリア
先代ベアトリーチェ
ベアトリーチェってのは人の名前じゃなくて”称号”みたいなもんだったんだな
てことは現在のベアトリーチェ(ベアト)は右代宮の人間なのかな
で、まぁこのワルギリアだけど
うん・・・後で。

▼ベアトリーチェェエエエエエエエ!!!!
うわああああああああああああ!!!
くそくそくそくそくそ!!畜生!!!
こんなのってねーよ!!!!
あぁ・・・萌えたさ 萌えたさ!! まさに思惑通りにな!!
これが・・・これが”デレ”の恐ろしさかッッッッ!!!
それなのに・・・それなのに・・・うヴぁああああああ!!

と、まぁ狂ってみたんだけど
最終章でのワルギリアとベアトの豹変した笑顔はガチで鳥肌たった
なんかすげぇハッピーエンドな流れで
もうこのまま終わってもいいんじゃね的な空気が流れていく中
最後の最後に待っていたギミックが「右代宮戦人は魔女を認めます」だからなぁ
この瞬間、一瞬は?って時が止まって、
その後にあの二人の豹変した笑顔だったからなぁ
意表をつかれたってレベルじゃねーぞ・・・・そしてこの喪失感・・・
胸のぽっかりと穴があいたようですよ・・・ははは

だがしかし!!!!!

俺はまだベアトが善人である説は曲げないぞ!!
このカードは絶対に最後まで貫き通してやる!!
そうでもないとエヴァ・ベアトとの決着とかいろいろ説明がつかないしな!!!
俺は信じてるからな!!

▼右代宮縁寿
こいつがひぐらしの「りか」のポジションになるのだろうか
全ては縁寿を幸せなカケラに繋げるためのもの・・なのかな?
ここらへんはEP4で大きな進展があるだろうからそれを待とう

▼これからの事
今回は絵羽が犯人だったけど、これまでのゲーム盤でもそうだったと言えるだろうか
秀吉が共犯だった(共犯になりえた)以上、今までの事件も一部はまかり通りそう
けどEP1では二人一緒に密室で死ぬし
EP2では最初の生贄になるしなぁ
ということは、ゲーム盤それぞれに個別の犯人が存在するのか
もしくはひぐらしと同じで、”殺人に駆り立てる何か”がまだ隠されているのか
作中の描写的に、”皆が幸せを信じること”っていうのが勝利条件な気もするんだけどなぁ

▼この世界というものは。
二つあるんだと思ってる
一つは魔法は無関係の”六軒島連続殺人事件”が起こる”魔法否定世界”
一つはベアトリーチェら”魔女”が物語の中心になる”魔法許容世界”
で、このゲームはその二つを要所要所によって入れ違えて描写してるんじゃないか
魔法がいろいろ絡むシーンは魔法許容世界
それらが全部終わった後の死体だけが残るシーンは魔法否定世界
だから、一見一つの事件と見せかけて、それぞれの世界で二つの事件が起こってるのでは

そんな事を考えたんだけど
いろいろ矛盾してる部分も多くてあれなんだけど
まぁ全部が自己満足なんで、ここらへんを頭に留めてEP4を心待ちにしよう
スポンサーサイト





コメント

  1. グレー | URL | -

    No title

    え?うみねこって完全に失敗したのかと思ってたけど

    これはもしかしてスゲーナスゴイデス?

  2. イシュ | URL | -

    No title

    うみねこが失敗だなんてとんでもない!
    1作もやらずに世間の評判でそう聞いたのならとりあえずやってみることをオススメします!もしやっててそういう評価なら・・・まぁ、なんだ・・・ちょっと壁際で僕とレプコンの3人でお話しましょうか^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vishul.blog97.fc2.com/tb.php/372-75a02299
この記事へのトラックバック


最近の記事